馬プラセンタと豚プラセンタの違い

豚プラセンタと馬プラセンタの違い

一言でプラセンタと言っても、その種類は決して一つだけではありません。例えば、羊プラセンタや馬プラセンタ、また豚プラセンタなどがあります。

中でも、馬プラセンタと豚プラセンタは、さまざまなサプリメントや化粧品などに使用されるほど、高い人気を誇っていると言われています。

プラセンタの原料によって安全性に違いはある?

では、馬プラセンタと豚プラセンタには、いったいどのような違いがあるのでしょうか。一つの違いは、安全性にあると言えるでしょう。

もちろんどちらも、規定されていることに従って、反芻しない動物の胎盤から作られているという点では同じように安全であると言うことができるでしょう。

しかし、この両者を比較してみた場合、安全性がより高いのは馬のほうであると言えます。

なぜなら、馬は豚に比べて体温が高いため、寄生虫が住み着いてしまう危険はないと言えるからです。また、豚と比べて馬のほうが病気にかかりにくいため、予防接種などを受ける必要が少なく、その影響を受けてしまう心配も少ないからです。

さらに、馬にはサラブレッドがいるため、その胎盤を使用したものであるなら、なおのこと安全性が高いと言えるでしょう。

馬プラセンタに関する参考ページ:馬プラセンタの効果は?口コミで人気のサプリを徹底チェック|サプリマガジン

馬と豚、それぞれのプラセンタで成分は違う?

馬プラセンタと豚プラセンタの別の違いは、そこに含まれている成分があげられます。例えば、馬の胎盤には、豚の胎盤に含まれているよりもはるかに多くのアミノ酸が含まれています。

しかも、馬の胎盤に含まれている成分は濃く、なおかつ豚の胎盤には含まれていない必須アミノ酸が六種類も含まれていると言われているのです。

つまり、馬の胎盤から作られたもののほうが栄養価も高く、それだけ早い効果が期待できるというわけです。

やはり豚プラセンタと馬プラセンタは価格も違う

さらに、馬プラセンタと豚プラセンタには別の点でも違いがあります。それは価格です。

希少さという観点で見てみると、豚の胎盤から作られるものに比べて馬の胎盤から作られるもののほうが希少価値が高いと言えるのは事実です。

例えば、サラブレッドの馬の中でも胎盤を持っているのは全体の四分の一ほどに過ぎないという報告があります。しかも、馬の場合、一年に一度、それも一頭しか生むことはできないとされている動物です。

つまり、馬の胎盤から採取できるプラセンタは非常に少ないということです。

それに対して、豚の場合は、一年に平均して十頭ほど生むことができるとされています。

このような点を考えてみますと、馬の胎盤から採取されたプラセンタが豚と比べてそれほど安価に入手できないというのも納得のいくことでしょう。

 

このように、豚プラセンタと馬プラセンタにはいくつかの違いがありますが、製品化された時の安全性はしっかり確保されていますから、あとは成分や価格を中心にどちらを選ぶか決めると良いでしょう。